養育費の減額申請できる?-借金を早く返す方法・解決するコツ

 

養育費を払うのが難しい。-減額したい-

・養育費を払わないと、まず元配偶者からの催促がくる。
・そのまま放置していると子供に会えなくなる可能性も
・養育費は一般の借金とは違うため差し押さえが限度額が2分の1まで可能
 (将来の給料まで差し押さえ可能のケースも)

 

放置していれば最悪な事態になります。

 

債務整理と養育費減額

養育費は支払う側の収入に応じて金額が決められます。
離婚後のやむを得なず支払いが困難になった事情があるのならば、相談して減額してもらうことを考えましょう。

 

債務整理は債務の整理の総称なのでそれぞれの種類の特徴を知っておかなくてはなりません。

 

養育費の減額が認められる場合

◾支払う側が、会社を解雇されたなどの理由によって収入が減る
◾もらう側が、離婚時には無職だったがその後就職して収入が発生するようになった
◾養育費を支払う側が再婚などをし、扶養家族が増えたため、養育費を支払う余裕がなくなる

 

養育費の減額申請方法

 

①まずは話し合いが重要です。
一度取り決めた養育費を減額することは容易ではありません。

 

②合意ができた場合
公正証書にしておくことが望ましい。

 

③合意、話し合いができなかった場合
家庭裁判所に養育費減額を求める裁判などの申し立てをする。

 

 

とにかく借金問題を早く解決しよう

 

自分の借金がどれほど減額できるのか
無料相談やこちらの無料診断で確かめてみましょう。


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

個人再生する場合。

個人再生をすれば借金の減額を期待できますので、正に再生をすることも可能でしょう。
その代わり、やはりブラックリスト入りを避ける事はできません
また、債務整理の中でも特別時間を取られる方法だということも覚えておきましょう。

 

 

自己破産をする場合

ブラックリスト入りをすることになります。
また、財産を持っている場合はその財産を処分されることもあるでしょう。

 

しかし、冒頭にあったように2分の1を差し押さえされる可能性や、
強制執行による養育費の回収は、支払う側にとってとにかく厳しいので話し合いや
相談して一時的にでも支払うことで滞納分を猶予してもらえるのなら
何としてでも再生してお金を払うのがベストです。

 

特に家などは、その対象となります。借金が必ず免除されるとも言えないでしょう。
このように、それぞれの方法によるデメリットを知っておくことで、債務整理のリスクを最小限に留めることができるはずです。

 

 

 

借金解決の手順

どれくらい減額出来るか確認

⇒無料シミュレーターはこちらから
賢い弁護士事務所の選び方
親切で熱心な弁護士がいる
実績がある事務所
相談が無料・初期費用0円
しっかりとプロによる早期解決を!
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ